Kobayashi Kotaro

 

小林小太郎「未来の詩人」

 

俺たちがやろうとしているのは、童話、なのかもしれない。童謡…。

我聞その後

 
ただいま、発刊準備中。

我聞その後
 
我聞とは、2003年2月~2005年5月にかけて行われた和田稠(わだしげし/石川県加賀市出身/1916ー2006/還来庵庵主)師との18回におよぶ聞法会の様子を再現した本である。日常的な会話から仏教・政治・思想・哲学のエッセンスなどが網羅されている。行き場を見失った僧侶とチンピラ編集者に向かって鋭利な刃物が容赦なく突き刺さる。
 (編集発行人/小林小太郎・立山史)
 
「我聞その後」とは、和田稠師が亡くなった2006年1月1日以降小林と立山が悶々と考えあぐね答えを出せないいまま17年が経過し、このHP「小林小太郎2022」制作を機にスタートさせた企画である。
 
師の聞法のテープはご覧の通り小林の手元に保存されている。さて、それが如何ように変貌するか期待していただきたい。ナンチャッテ、なんですが。
 
このHPではそのごく一部をご賞味いただきたいと思う次第。